DATA OF HELLONET

数字でわかる
ハロネット

NEWS

一覧を見る

GENDER RATIO 男女 2022年5月時点

男性
63.1%
女性
36.9%

EMPLOYEES 従業員 2022年5月時点

185

AVERAGE AGE 平均年齢 2022年5月時点

27.7

WEB事業部
(営業)

24.3

サブマネージャー

26.8

マネージャー

27.3

制作部

27.7

コーポレート

31.3

ANNUAL INCOME 平均年収 2022年5月時点

WEB事業部
(営業)

サブマネージャー

平均年収

778

マネージャー

平均年収

949

EXAMPLE 年収例 2022年5月時点

サブマネージャー

新卒 入社2年目

471

新卒 入社3年目

839

マネージャー

中途 入社3年目

1374

統 轄

中途 入社7年目

1490

RESULT 制作実績数 2022年5月時点

10,000件以上

SFIDA X選考を通過した、内定者からのリアルな声をまとめました!

“SUIT” OR “CASUAL CLOTHES”? 選考時はスーツ私服 どちらで参加しましたか?

他社の選考と被っていたため、スーツで参加。
私服の参加者も多かった印象。
私服だったため、とてもリラックスして面接に挑むことができた。

HOW LONG 1次選考~最終選考まで どれくらい期間がありましたか?

  • 1次面接の時から、私の価値観や考え方を深堀してくれた。
  • 1次から最終面接へ進むにつれて、今までの自分、これからの自分を深く考えることができ、他社にはない選考だった。
  • 選考一つ一つが意味のある内容で、内面を見るような面接だったため、互いのミスマッチがなく選考がスムーズに進んだ。

CONSULTATION 1次選考~最終選考まで 何名の社員面接・面談しましたか?

  • ある面接官の方に強い憧れを抱いた
  • どの方との面接も緊張を和らげてくれる様な面接だった。
  • 毎回選考の最後で質問の時間を設けてくださり、どんな質問にも全て丁寧に答えて頂いた。

WHAT FIRST ME 選考で印象残ったことありますか?

  • 人物重視の選考だったと感じた。中身をよく見て引き出してくれて、面接中でも知らなかった自分の一面を発見することができた。
  • 2次、最終選考では、多くの厳しい話をして頂いた。その中で、SFIDA Xが求める人材、必要な心構えが会話の中から伝わった。
  • 選考の度にフィードバックがもらえたことによって、次の段階では何を用意すれば良いのかが明確に分かり、とても助かった。
  • 最終選考で社長がランチをご馳走してくれたこと
  • 面接後、よかった点を言ってくれた上で改善点をしっかりと教えてくれたので、自分の長所、短所を改めて確認でき、知ることができた。
  • 仕事に対する思いやwebそのものに対しての思いをお話ししてくれたこと。実際に作ったwebをみせて下さり、より仕事のイメージが湧いた。
  • 自分の性格に合った働き方や活躍の仕方を明確に聞くことができた。
  • 私服で大丈夫なのがビックリだった!

IMPRESSION OF HR 人事印象はいかがでしたか?

  • 雰囲気がとても話しやすかった。
  • 思っていたよりフランク。親近感があった。
  • 面接官が生き生きしていた。

REASONS FOR CHOOSING SFIDA X選んだ理由何ですか?

  • 成長できる環境があると感じたから。
  • 10年を1年でというスピード感に惹かれた。
  • 性別や社歴に関係なく、成果に応じて評価してもらえるから。

REASONS FOR GAP 内定承諾ギャップはありましたか?

  • 思っていた以上に社員が明るかった!
  • 思っていたより体育会系!

ADVICE FOR JOB-HUNTING STUDENTS これからSFIDA Xの選考を受ける 就活生へのアドバイスやコツを一言!

  • 自分を飾らずありのままの自分をたくさん表現してください!!!
  • しっかりと目標を決めて、SFIDA Xでどう実現するかをしっかり考えられれば良いと思います!
  • 5年後、10年後の自分がどういう自分で在りたいのかを考えてみてください!そうすると、自分の譲れないものはきっと見えてくると思います!そして真面目になりすぎずに、肩の力を抜いて。
    あなた自身は、自然体のままで十分魅力的なんだってことにも気付けると思います!
  • とにかく大事なのは向き合うのが辛いくらい自分と向き合って自分を知ること。そうすれば、自ずと相手に語れるようになります!! あとは、会社のことをきちんと知って理解すること。
  • 参考を進めていく上で自己分析も兼ね合わせてでき、これからの役に立つことは間違いないです。落ち着いて素の自分で挑めばいいと思います。
  • 自分らしく行くことが一番大切だと思います。私は選考を通して、改めて自分を見つめ直すことができ、社員の方のお話から学ぶこともありました。これから選考を受ける方も、社員の方と沢山お話しをすることで自分がこの会社に合っているのかしっかり見定めてほしいです。

MESSAGE 人事からのメッセージ

それって、フェアじゃないよね?
(企業の)リアルを知りたいというわりに、(自分の)リアルを出さない就活生。
近年、OB訪問のサービスなどが広く使われるようになったり、若手社員との座談会などを通じて、企業のリアルな部分を求めようとするのに、当の本人は、リクルートスーツを装備して、髪の色も黒に戻して、「御社が第一志望です!」ってエントリーした企業全てに答えている。
これってフェアじゃないよね?

内定を獲る事が目的なのだとすれば、それでも良いのかもしれないが、多くは、【就活はスタートラインに立つためのもの】と考えているはず。
ならば、自身もリアルを見せるべきだと思う。
それで不採用なら、そもそもマッチしていないのかもしれないし、結局は自身の外側の部分でしか見てくれない企業なのかもしれない。

そのリアルを引き出してあげるのが、人事の仕事だと思っています。
その為には、1on1で向き合わないと出来ないので、僕たちは、グループ面接などを行わないし、時間の許す限り、皆さんと向き合っていきます。
何のために就活するの?
「学んだ学問を使える仕事がしたい」とか「営業職がいい」とか、自身が【やりたいこと】を考えて、就活をしてきた学生をたくさん見てきました。
それが出来る企業に入社することが決まった時はハッピーかもしれない。
だけど、目先のことばかりに囚われてその先の目標が見出せず、「本当にやりたいことは違った」と、結果的にミスマッチに繋がってしまう方が本当に多いです。
「何をやりたいのか」<「どうなりたいのか」
「何をやりたいのか」を考えるのではなく、「どうなりたいのか」を考えることが就活の期間で、「何故、そうなりたいのか」をアウトプットするのが面接という場所だと、僕たちは考えています。

カッコいい言葉を使おうとか、うまく伝えようとか思う必要はなく、自分の言葉でしっかりとぶつけてきて欲しいです。

夢を実現するために、SFIDA Xというフィールドを活用してもらえれば、それに勝る喜びはありません。

僕たちも、皆さん一人ひとりの道標を示し、成長を後押しします。
思う存分挑戦し、問題を解決する能力や、新しいものを創出する能力を身に付け、「なりたい自分」を実現してください。我こそはと思う方は、ぜひ会社説明会でお会いしましょう!

INSTAGRAM & LINE インスタグラムLINE紹介

INSTAGRAM

LINE

SFIDA Xの採用情報をお届けする「LINEアカウント」開設!
インターンや説明会に参加していただいた方には、今後はLINEでカジュアルなやり取りをさせていただいております♪
質問や相談など、なんでもお気軽にご連絡くださいね☺
もちろん、イベント情報や社員紹介など、LINEでしか知ることができない情報も多数掲載!
ありのままのSFIDA Xを感じてください!

MEMBERS INTERVIEW 社員インタビュー

「この人についていけば自分は誰よりも成長できる」

「目標を成し遂げるために、自分を磨く!」

「経験を活かし、営業マンとして強く!」

20代でも年収1000万!SFIDA Xではそれが可能です。

びっくりするくらいの成長!

評価される本物の実力を身に着けたい!

自分の目標を超して成長!

「個人成績だけじゃなくて、チーム成績もあげる!」

「努力や実績含めて全てを評価してくれる」

「会社の売り上げに直に貢献できていると実感」

「自分の成果が報酬として、目に見えて反映される」

「SFIDA Xの環境が、人を良くしていると思う」

「大事なのは、自分がどこまでやるか」

「ズバ抜けて感じた、向上心・働き甲斐・輝く環境」

「能動的にアクションできる環境が楽しい」

「お客様のあの言葉が、今も僕の原動力」

「経営に一番近い場所で働きたい」

「カッコいいセールスパーソンになる」

「”今”のほうが何倍も人生が楽しく充実している」

「何よりもユーザー目線で」

「人生の一番大事な時期をこの会社で過ごしてみたい」

「マネジメント、 教育など日々勉強」

「お客様の要望を叶え、喜んでもらうために」

「さらなる高みを目指して」

SFIDA X SENPAI FINDER - 「ひと」と「ひと」をつなぎたい

気になるキーワードをクリックするだけで
あなたにマッチしている先輩社員が見つかります

LET’S WORK TOGETHER!