SPECIAL INTARVIEW

スペシャルインタビュー

WEBコーダー

大藪 英雄

Ooyabu Hideo

2018年6月中途入社

NEWS

一覧を見る

入社後、大変だったことを教えてください。

前職では案件に対する取り組み方が、「内容の濃い制作物を作ること」、
「何よりユーザー目線で制作を行うこと」の二点だけを軸に業務を行っていました。

しかし、SFIDA Xでは二点に加えて「業務の速さ」そして「正確さ」が求められます。
一つの案件に対する「効率性」を考えながら業務を行う必要があるため、できるだけ無駄のない動きで業務を行う必要があります。
その甲斐もあり、「業務効率化」に対する意識が高まり、前職よりもスキルアップすることが出来ました。

どんなことにやりがいを感じていますか?

制作部門にはWEBディレクター・デザイナー・コーダーと担当がそれぞれ分かれており、
各担当者がしっかりと制作期限を意識し、納品に向けて足並みを揃えられるからこそ、目標達成が実現できます。
「どうすれば達成できるか」をそれぞれで考え、意見を出し合うことでチーム力が上がり、目標達成へと繋がります。
同世代の社員も多いので、わからないことや不安なことがあれば相談しやすいのもSFIDA Xの特徴であり、
結果へと結びつく大きな理由の一つです。

新入社員の方にアドバイスをお願いします。

制作部門にも「コミュニケーション力」が必要です。
WEB制作と聞けば、パソコンに向かって作業に没頭しがちなイメージですが、
決してそういう仕事だけではありません。
WEBサイトに対する「提案」や「疑問」を制作チーム内で話し合う事もありますし、
お客様や他部署・他支店と連携しながら業務を進めていくこともあります。
制作業務に特化することはもちろん大切ですが、それだけではなく、
お客様や社員同士の間で意思疎通をしっかりと取れるほうが業務も捗り、
よりよい人間関係を築くことができるはずです。

MEMBERS INTERVIEW 社員インタビュー

「この人についていけば自分は誰よりも成長できる」

「目標を成し遂げるために、自分を磨く!」

「経験を活かし、営業マンとして強く!」

20代でも年収1000万!SFIDA Xではそれが可能です。

びっくりするくらいの成長!

評価される本物の実力を身に着けたい!

自分の目標を超して成長!

「個人成績だけじゃなくて、チーム成績もあげる!」

「努力や実績含めて全てを評価してくれる」

「会社の売り上げに直に貢献できていると実感」

「自分の成果が報酬として、目に見えて反映される」

「SFIDA Xの環境が、人を良くしていると思う」

「大事なのは、自分がどこまでやるか」

「能動的にアクションできる環境が楽しい」

「お客様のあの言葉が、今も僕の原動力」

「経営に一番近い場所で働きたい」

「カッコいいセールスパーソンになる」

「”今”のほうが何倍も人生が楽しく充実している」

「何よりもユーザー目線で」

「人生の一番大事な時期をこの会社で過ごしてみたい」

「マネジメント、 教育など日々勉強」

「お客様の要望を叶え、喜んでもらうために」

SFIDA X SENPAI FINDER - 「ひと」と「ひと」をつなぎたい

気になるキーワードをクリックするだけで
あなたにマッチしている先輩社員が見つかります

LET’S WORK TOGETHER!